• ホーム
  • 海外製医薬品と日本製医薬品の違いを解説!

海外製医薬品と日本製医薬品の違いを解説!

心配している女性

最近インターネットで海外からいろいろなものを個人で輸入することができるようになりました。
その中で、気をつけたいのが海外製医薬品です。

日本製医薬品は日本の薬事法に基づいて、有効性や安全性が確認されたものが国内で発売されています。
しかし海外製医薬品は日本製医薬品と違い、有効性や安全性が確認されておらず、健康被害にあっても、すべて海外から輸入した個人の責任となります。
その為、医薬品の副作用で健康被害を受けた人をサポートする健康被害救済制度の対象とはなりません。

また海外で体重の減少、性機能増強、コレステロールを下げる、喘息の改善などいろいろな健康状態改善のための健康食品やサプリメントが販売されているようですが、それらの中には、日本では医薬品として取り扱われているものもあります。
そのため、改善したい症状が逆に悪化したり、ダイエット食品として輸入したものに健康に有害な成分が入っていて健康被害を被ったり、サプリメントとして発売されていた製品に有害な医療薬品が入っていたために死亡したりする事例が報告されています。
ですから海外製医薬品をインターネットなどで輸入したり、海外旅行のときに購入する際は、こうした健康被害にあわないよう気をつけることが大切です。

サイト内検索
アーカイブ