• ホーム
  • 未認可の医薬品は自己責任?

未認可の医薬品は自己責任?

考えている女性

医療機関を受診して出してもらった病院処方のピルは安全性が高く、日本の厳しい審査の基準をクリアした薬として認可されているので良いですが、通販で購入するピルは安全が未認可の商品があります。
そのため同じ医薬品であっても、通販で選ぶ場合は自己責任で購入する必要があります。

それは通販で取り扱われている商品は全てが日本製造では無い点が挙げられます。
安価で販売されている多くのピル商品は、海外製造の物で未認可の医薬品です。
そのため服用後、何らかの症状が起こる可能性があります。

実際服用後にトラブルが発生した例もあるため、服用は自己責任となります。
また万が一トラブルが発生しても、通販店舗は保証を負わないので対象外となります。
もし通院の必要が出ても一切の責任は自分にかかって来ます。

その事を自覚し、安全な商品を吟味して選ぶことが大切です。
病院処方のピルを受けていたなら同じ商品を購入したり、外国の通販ピルでもホームページを見て認可されているか確認したりして、安全性の高い商品を選び使う事が自分を守る最大の方法です。
ピルは医薬品です。

一旦体内に吸収されると排出するのは難しいため、信頼できる会社から選ぶのが得策です。